グルテンフリー中にお酒は大丈夫?

そこまで気にしなくても良いようです

従来のダイエットは、食べる以上に運動でエネルギーを燃焼するか、厳しい量的な食事制限をするか、はたまたその両方かといった感じでしたが、最近流行っているグルテンフリーダイエットは違うそうです。

なんでも、小麦、大麦等に含まれているグルテンを回避するだけで、血糖値が上がりにくくなる関係上、痩せられると同時に太りにくくなるのだとか。

となると、別に何か運動をする必要もないし、小麦等が使われていない食品はいくらでも摂って良い訳ですから、確かに従来のダイエットに比べて断然良いですね。

ただ、小麦等は、意外とたくさんの食品に使われているらしく、調べてみると、一部のお酒にも入っていると分かりました。

具体的には、ビールや麦焼酎に加え、シャンパンやジン、スコッチ、バーボン、ウォッカなどが挙げられていました。

最初の2つは予想していましたが、他は全然知りませんでした。一方、大丈夫なものとしては、果実が原料となっているブランデーやワイン、ラム酒、あとは芋焼酎や米を使った日本酒などが書いてありました。

とりあえず、食品に比べると、お酒の方はそこまで不自由しなさそうですね。ビールを飲めないのは少々辛いですが。そのため、ダイエット中でもお酒を飲みたいという人にも、このグルテンフリーダイエットはお勧めとのことでした。