グルテンフリーのパスタがある?

コーン代用のそうしたパスタがあるらしい

小麦、大麦、ライ麦などの穀物から作られる、タンパク質の一種であるグルテン。

これを摂り過ぎると、小腸の機能を損傷したり血糖値が上がるらしいので、体内に脂肪が溜まりやすくなってしまうそうです。そこで最近では、そのグルテンを摂らないように意識している人も増えているそうです。

元々は、欧米諸国でグルテンアレルギーの人が多く、グルテンフリーに切り替えたところ健康上の問題が色々と改善したことが関係しているようですが。

しかし、小麦や大麦、ライ麦を避けるというのは、並大抵のことではないと思います。

パンはもちろん、パスタなどの麺類ももちろんダメですから。
しかし、パスタに関しては、ほぼ解決されているそうです。なぜなら、グルテンフリーのパスタが今では色々と出回っているからです。

もちろん、小麦粉は一切使っていないため、材料は米粉や澱粉、コーン類で代用しているそうですが、美味しさも普通のパスタと全然変わらないみたいです。

具体的には、玄米粉や米粉を使ったスパゲッティ、そば粉のペンネなどがありました。また、最近ではトウモロコシ粉のパスタというのが、ヘルシーで味もさっぱりしているということで、徐々に人気を集めているとのことでした。

グルテンフリーなら、和食を中心に食生活を構成しなければいけないイメージでしたが、全然そんなことはないんですね。これなら誰でも簡単に挑戦できると思います。

でも、コーンは、人工甘味料の原料とも使われるほど糖質が多いイメージがあるので、グルテンはフリーにできても、その分、糖質面で本当に問題が無いのか心配な部分もあります。

もしも、グルテンフリーに切り替えるなら、その辺をしっかり調べてからにした方が良さそうです。