ランセットの細さは30G以上が主流

細さの目安として30G以上が痛みが少ないです

血糖値測定器の針(ランセット)を選ぶ場合、痛みが少ないに越したことはありませんが、目安だと30G以上かなと思います。針は、数値が高くなるほど細い事になりますが、だいたい30G~32G位が主流のように思います。

ですが、日本で通販できるものの中には、25Gなど若干太いと感じるようなものも少なくないので、購入する場合は、その辺を気をつけて確認したいところです。

特に、毎日3回、6回と小まめに血糖値の自己測定を繰り返す場合、その都度、針で皮膚を貫通させなくてはなりません。それを繰り返すと考えたとき、25Gだとやはりちょっと太いと感じるかもしれません。

その点も考慮すると、30Gであれば、採血に必要な血液を出すのにも問題なく痛みも少ないので、使いやすいサイズだと言えます。

25Gという太さなだけでなく、価格も1本20円以上するとなると、正直我慢して使わなくてはならないという感じもあると思いますが、海外なら30Gから上の細さで価格も半額以下なので、扱いやすいものが多いです。

この辺を比較しても、ランセットも海外から取り寄せた方が使い勝手が良い印象です。